下北半島をぐるっと巡る観光ルートバス「ぐるりんしもきた号」

  • 青森
  • 観光する
尻屋崎(ぐるりんしもきた号で巡る名所)

「ぐるりんしもきた号」って??

「ぐるりんしもきた号」は下北半島の観光スポットを1日でぐるっと巡る観光ルートバスで、5月~10月まで運行しています。
下北半島の「楽しい・おいしい・美しい」を知り尽くした地元ガイドが同行し、観光名所を案内してくれます!
仏ヶ浦(ぐるりんしもきた号で巡る名所)

ココがすごい!ぐるりんしもきた号の魅力

魅力① ★ガイド付き★

移動中のバス車内では、ガイド付きで下北半島の観光情報を知ることができます!

魅力② ★1日で下北半島をぐるりん★

公共交通機関だと1日では巡ることができない各地も、「ぐるりんしもきた号」で1日で巡ることができます!

魅力③ ★主要な観光スポットをぐるりん★

下北半島の主要な観光スポットである、記事中写真の「仏ヶ浦」・「大間崎」・「恐山」・「尻屋崎」を巡ることができます!

◎仏ヶ浦

国の天然記念物に指定されている仏ヶ浦。
冬の風や雪、荒波の厳しい下北半島で長い長い年月を経て、大自然が造り出したまさに芸術作品!!
仏ヶ浦

◎大間崎

本州最北端の地、大間崎。
津軽海峡の美しい景色を一望でき、天気が良い日は函館の五稜郭タワーを肉眼で見ることもできます♪
大間崎

◎恐山

日本三大霊場に数えられる恐山。
貞観4年(862)に慈覚大師によって開山され、古くから信仰と祈りの場として、多くの人々が足を運んでいます。
恐山

◎尻屋崎

岬の先端に建つ尻屋崎灯台は、レンガ造りの灯台としては日本一の高さを誇ります。
この場所では津軽海峡と太平洋を一望することもできます。
尻屋崎

魅力④ ★希望に合わせた場所で乗り降り可能★

むつ市内のJRの駅や宿泊施設が発着場所なので、希望に合わせた場所で乗り降りすることができます!

魅力⑤ ★旅程に合わせて選べるコース★

全12コースの中から、旅のスケジュールに合わせてお好きなコースを選ぶことができます!
むつ市内以外にも、下風呂や大間、佐井からの発着便が運行されています。
大間崎(ぐるりんしもきた号で巡る名所)
ぜひこの便利な「ぐるりんしもきた号」で、下北半島をぐるっと旅してみてはいかがですか??

*ご案内*

恐山(ぐるりんしもきた号で巡る名所)

〈金額〉8,000円~13,500円 ※コースにより料金設定が異なります。
〈予約方法〉WEB予約
〈お問い合わせ〉下北観光案内所
電話:0175-34-9095
メール:info@kasamai-shimokita.or.jp 

ご予約はこちらから
しもきたTABIあしすと
※今後の新型コロナウイルス感染状況によっては、運行が中止になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事