花手水と鎮守の森 【札幌諏訪神社】

  • 北海道
  • 観光する
JR札幌駅北口から徒歩15分。
すぐ横を国道が走る、町の中に佇む札幌諏訪神社は、趣向を凝らした花手水と御朱印が人気の神社です。
平日の夕方になると木々に囲まれた境内からはランドセルを背負った子供たちのにぎやかな声も聞こえてきます。
2018年の胆振東部地震の際には、停電で水道が使えない人たちのために、境内の水道を開放してくれた、そんな心温まるエピソードもあります。

札幌諏訪神社は、初詣、七五三はもちろん、普段の日にもいつも参拝者で賑わっています。

氷の花手水

暦の上では春、2月。
札幌はまだまだ寒いです。
最低気温が̠-10度以下になる日もあります。

そんな寒い日に、ふと立ち寄ってみたところ氷の花手水を見ることができました。
しっかりと凍った水に、色鮮やかな花々がとてもきれいです。

このように季節ごとにいろいろな姿を見せる、都会の中の鎮守の森を
訪れてみませんか。

この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事