幻の鉄路 歴史に翻弄された旧戸井線【函館市】

  • 北海道
  • 観光する
写真提供/函館市公式観光情報サイト「はこぶら」
旧戸井線は五稜郭駅から、戸井町(現在は函館市)までの29.2㎞を結ぶ予定の鉄道路線で、第二次世界大戦中の昭和11年(1936)に建設が始まりました。
軍事物資の輸送もその建設の目的の一つでしたが、戦局の悪化や資材不足によって、工事区間が残りわずか2.8㎞となったところで、昭和17年(1942)に工事は中断されました。そのまま廃線となり、一度も列車が通る事のなかった幻の鉄路です。
写真提供/函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

ほとんどの区間で工事が終わっていたため、旧戸井線沿いには多くの遺構が残っています。
函館市内の深堀町~湯川町3丁目を結ぶ遊歩道「緑園通り」に残るアーチ橋もその一つです。

写真提供/函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

湯の川温泉から国道278号線を汐首岬方面に車で10分程進むと、汐迫川にかかる橋の上から左側に見えてくる、旧戸井線の橋脚です。
70年以上前に作られたと思えないほど、どっしり、しっかりと建っています。

本州がもっとも近い場所 

汐首岬(しおくびみさき)近くのアーチ橋

国道278号線をさらに進むと、左側にローマの水道橋を彷彿とさせる堂々たるアーチ橋が見えてきます。このアーチ橋、戦時下の鉄不足の時代に作られたため、鉄筋の入っていないコンクリート橋です。
この先の汐首岬~青森県の大間岬までは直線距離で17.5㎞。北海道~本州最短の地です。
戦後の青函トンネルの計画の中で、この最短ルートが検討されたこともありました。海底の地質などの条件が合わず、戸井線の工事が再開されることはありませんでしたが、青函トンネルががここを通っていたら、アーチ橋の上を颯爽と走る列車を見ることができたのかもしれません。

この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事