新潟・上越の一面に広がる蓮とスイーツめぐりも楽しめる【第45回高田城址公園観蓮会】

  • 新潟
  • 観光する

「第45回高田城址公園観蓮会」が開催

新潟県上越市にある高田城址公園の外堀(約19ヘクタール)をほぼ埋め尽くす蓮は、規模・美しさともに「東洋一」と称されています。種類は和蓮で、ほとんどが紅蓮ですが、部分的には白蓮も交じっています。ピンクと白の蓮が入り混じって咲く世界でも珍しい蓮花群です。

午後になると花が閉じてしまうので、午前中の鑑賞がおすすめです!


〇開催期間:2024年7月13日(土)~8月25日(日)
〇開催場所:新潟県上越市 高田城址公園、高田本町商店街

東洋一の蓮!

明治4(1871)年、高田藩は戊辰戦争と大凶作による財政難に苦しんでいました。それを打開しようと、戸野目の大地主・保阪貞吉(初代の津有村長)が自身の財産を投じて、お堀に「れんこん」を植えたのが始まりです。

れんこんは昭和37(1962)年まで採取されていました。昭和28(1953)年、蓮の研究で知られる故・大賀一郎博士が訪れた際、「蓮池の規模の大きいことは世界でもまれで、特に紅白入り交じっているのは珍しい」と激賞しました。それを聞いた市民が“東洋一”と語り伝えて現在に至ります。

高田城址公園の城跡を巡る外堀約19ヘクタール(※)のほとんどを蓮が埋め尽くします。昭和58(1983)年には、東京大学農学部の北村文雄教授より新種の蓮12種類が寄贈され、西堀北側の観蓮園でそれらも観ることができます。

※ 19ヘクタール(190,000平方メートル)=東京ドーム4個分
美しい蓮にうっとり

蓮の花が綺麗に咲く時間とは

蓮の開花の流れ

1日目:午前5~6時ころから、1分間で2ミリくらいの速さで開き始め、3センチくらいまで開いてから、午前8時ころに閉じます。

2日目:午前1~2時ころから開き始めて、午前7~9時ころまでにお椀状に開き、昼ごろまでに閉じます。

3日目:午前1~2時ころから開き始めて、午前9~10時ころまでに完全に開きます。午後は半開きとなり、そのまま、その日は終わります。

4日目:夜中から開き始めて、午前6時ころには完全に開きます。その後、花びらが落ち始めて、午後には花がなくなるといわれています。午後も開いている花は、その日が最後の日です。
白い蓮
桃色の蓮
上越観光Navi 観蓮会イベント特設ページはこちら
画像提供: 公益社団法人 上越観光コンベンション協会

夏のガチ盛り本町スイーツめぐり初開催!

観蓮会開催期間にあわせ、高田本町エリア(観蓮会会場の最寄り駅周辺)でひんやり夏らしいスイーツめぐりが楽しめる「夏のガチ盛り本町スイーツめぐり」を初開催します! このイベントは、毎年冬に開催され好評を博している「本町ガチ盛りまつり」の夏バージョンです。フルーツたっぷりのジャンボしろくまかき氷や、大きなパフェなど、通常の3倍以上のボリュームでわくわくするメニューが目白押し! 友人や家族とシェアしたり、ひとりでスイーツを満喫したり。お好きなスタイルでお楽しみいただけます。

〇開催期間: 2024年7月13日(土)〜8月25日(日)


かわいさ百倍!テンションマックス!!
まさに芸術のようなスイーツ!
「夏のガチ盛り本町スイーツめぐり」について詳しくはインスタグラムへアクセス!
画像提供: 高田本町まちづくり(株)

好きな列車と宿を組み合わせておトクに旅行しよう!

自分だけのオリジナル旅行が作れる

「JR東日本びゅうダイナミックレールパック」は、列車と宿を自由に選べてまとめて一度に予約ができる、Web販売限定の価格変動型個人旅行商品です。予約のタイミングや条件によってはおトクになることも♪予約は、最短で出発当日でもOK!旅行だけでなく、出張やワーケーションにもおすすめです。さらに日帰りプランもご用意!予定や目的に合わせて、あなただけの旅をお楽しみください。

▼詳細はこちら

列車+宿「新潟エリア」のご予約は【JR東日本びゅうダイナミックレールパック】で
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事
関連記事