2024年版!鎌倉の夏の風物詩【鎌倉花火大会】5年ぶりの開催決定!

  • 神奈川
  • 体験する

5年ぶりの開催!鎌倉海岸に大輪の華が咲く

鎌倉花火大会チラシ

2019年の開催以来、5年ぶりの実施となる「第76回鎌倉花火大会」が2024年7月17日(水)に開催されます。日本一の花火師に輝いた「マルゴー」が手掛ける鎌倉の花火大会は、古都鎌倉の風情や品格を損なわないよう心を込めた味わい深き特別な演出をお届けします。
ダイナミックな尺玉花火やスターマインの競演、海面で扇状に花火が広がる名物の水中花火…ぜひお楽しみください!


【開催日】2024年7月17日(水) 19:20~20:10
*荒天・高波などの気象状況によって中止となる場合があります。予備日はございません。


【会場】鎌倉海岸(由比ヶ浜海岸、材木座海岸)


【打上発数】約2,500発


【主催】鎌倉花火大会実行委員会 公益社団法人鎌倉市観光協会

鎌倉花火大会の代名詞「水中花火」とは?

鎌倉花火大会の名物「水上花火」
鎌倉花火大会の名物「水中花火」をご存じですか?海上を高速で移動する台船から花火が海に投げ込まれ、水上で扇状に花火が開く、みやびでとても美しい花火、それが水中花火です。波や潮流を計算しなくてはならない花火師の神業があってみられる水中花火。長年にわたり愛されてきた水中花火ですが、現在もその伝統は新たな技術が加わり受け継がれています。

1948(昭和23)年より始まり、今日に至るまで鎌倉の伝統ある夏の風物詩として、地元の方のみならず多くの方々に長年愛され、親しまれてきた鎌倉花火大会。ド派手な演出や打ち上げ数が他に比べ多いわけではありませんが、鎌倉の花火大会に“特別感”を抱く方は少なくありません。それは、社寺や自然に囲まれ、豊かな海に打ちあがる鎌倉ならではの環境がそう思わせるのかもしれません。

有料観覧席を発売予定です!

鎌倉花火大会

海の上に浮かんだ船上から次々と海中へ投げ込まれる名物の水中花火をはじめ、大きな尺玉花火、スターマイン、メッセージを読み上げるサポーターズ花火企画など、約2,500発の多彩な花火が鎌倉の空に華やかに打ちあがります。そんな第76回鎌倉花火大会の有料観覧席(イス席・指定席)を販売します。場所どりをせずにゆっくり花火をご覧になりたいという方はお早めにお求めください。

詳細は鎌倉市観光協会公式サイトをご覧ください!


【有料観覧席発売日】
2024年6月15日(土)予定
 
【座席場所可】
海浜公園海側エリア(イス席・指定席)
 
【チケット購入者特典】
​​​鎌倉市観光協会製作 2024年納涼うちわ「彩り」
花火大会パンフレット
 
【その他】
飲酒は持ち込みも含めて禁止となっていますので予めご承知おきください。

「鎌倉花火大会」詳細はこちら♪
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事
関連記事