便利な乗合交通「よぶのる角館」を使って、ワーケーションを満喫②【角館】

  • 秋田
  • 特集
-------------------------------------------------------------------------------
20代女子が夏の角館でワーケーションを満喫!一人旅だからこそ、乗合交通「よぶのる角館」が安くて便利です!
全2回にわたってお届けする内、今回は「角館ワーケーション2日目」をご紹介します!

1日目の記事は、こちらよりご覧ください♪

★スケジュール★2日目

07:30 朝は早めのスタート!秋田犬の散歩体験と軽食朝ごはん

お宿の縁-Enishi-で、すーちゃん&ふじこのお散歩にお出かけ

さんぽの様子(右の大きい写真 左:すーちゃん 右:ふじこ)
縁-Enishi-では、宿泊者は無料で「すーちゃん」と「ふじこ」のおさんぽ体験ができます。
※ビジターは30分2,000円(要予約)・ふれあいのみは200円
武家屋敷通り周辺の風情ある町で秋田犬のさんぽができるなんて、貴重ですよね!

道中のさまざまなフォトスポットでは、縁-Enishi-のオーナー吉見さんが、ワンちゃんたちとの写真を撮ってくださいますので、SNSのアイコンにするのがおすすめです♪
縁側でワンちゃんたちとまったり
さんぽから帰ってきたら、宿の縁側でワンちゃんたちと触れ合ったり、オーナーの吉見姉妹とお話しして楽しい時間を過ごすことが出来ます。
冷房がなくても、涼しい風が入ってきて、とっても気持ち良いですよ!

縁-Enishi-のおすすめポイント

角館駅から「よぶのる角館」で5分ほど、武家屋敷通りの中心から徒歩1分ほどのところにある民泊施設「縁-Enishi-」。
いたるところに秋田犬グッズがあるお宿で、まさに、縁-Enishi-のコンセプトである「秋田犬と暮らす」を体験できます。
秋田犬がいるのもそうですが、お宿に秋田犬グッズが沢山あるので、秋田犬好きにはたまらないはずです。
ちなみに、秋田犬グッズは一部販売もしているので、お土産におすすめですよ。

おしゃべり上手な吉見さんと2頭の秋田犬「すーちゃん」「ふじこ」に癒される、忘れられない滞在となりました。
また泊まりたいと思う、おすすめのお宿です!
縁-Enishi- 外観
秋田犬と暮らす民泊「縁-Enishi-」
チェックアウト後も荷物を預かっていただけるとのこと。
お宿に荷物を預けて、いざマイナスイオンを浴びに「抱返り渓谷」へ出発!!

・・・「よぶのる角館」に乗って移動=3=3   縁-Enishi- →抱返り渓谷(15分)

「よぶのる角館」で抱返り渓谷まで行けちゃうのが嬉しいですね

09:15 ひんや~り!エメラルドグリーンの水面が美しい「抱返り渓谷」

左上:休憩所 / 左下:エメラルドグリーンの抱返り渓谷 / 右:回顧の滝  
縁-Enishi-から「よぶのる角館」に乗ること約15分、抱返り渓谷に到着しました。
深緑と紅葉の名所である抱返り渓谷。まさに私が訪れた7月中旬は、深緑シーズンど真ん中!!
エメラルドグリーンの水面がとても綺麗で見とれてしまうほど。
渓谷一番の名所、迫力満点の回顧(みかえり)の滝は、空気がひんやりしていてまさに避暑地です!
自然のマイナスイオンを感じることのできる「抱返り渓谷」は、夏に必ず訪れてほしいスポットです♪

・・・「よぶのる角館」に乗って移動=3=3   抱返り渓谷→かくのだて温泉(15分)

11:00 「かくのだて温泉」でハイキングでかいた汗を流します

武家屋敷通り近くにある「かくのだて温泉」です。サウナもありますよ。
抱返り渓谷でハイキングをした汗を流しましょ!

・・・「よぶのる角館」に乗って移動=3=3   かくのだて温泉→手打ちそば さくらぎ(5分)

12:00 「手打ちそば さくらぎ」で冷たいお蕎麦をいただきます

若いご夫婦でやっているお蕎麦屋さん。毎朝ご主人が丁寧に蕎麦打ちをしている、こだわりのお蕎麦です。
ひんやりお蕎麦をいただきます!

13:00 角館市街地をまちあるき

おなかもいっぱいになったので、武家屋敷通りや市街地を散策します。
特に武家屋敷通りは、春はシダレザクラが見事で桜まつりの時は観光客が多いのですが、新緑の時期だからこそ人を気にせずゆっくりとした楽しみ方があります。
涼しい風がスーっと吹くたびに、新緑のシダレザクラがゆらゆら風になびき、とっても心地よいです。
人力車に乗って、快適に武家屋敷通りを回るのもオススメですよ!

コスパ最強!まるごとフルーツパフェが自慢の「さかい屋」

青果店が営むフルーツまるごとパフェのお店。
夏限定のフルーツまるごとかき氷も!1000円以下のものばかりとコスパ抜群で、人気なのも納得です!

蔵の無料見学も可能な、味噌&醤油の醸造蔵「安藤醸造」

味噌、醤油などを作る伝統的な醸造蔵です。
無料で蔵の見学や自慢のだし汁の試飲なども可能で、一休みするのにもオススメです!

武家屋敷通りで一番映える!プリンが美味しい「あきたプリン亭」

オレンジ色のPOPな店舗が目印です。
一番人気は「なめらかプリン」!
季節限定のプリンと組み合わせて、お土産にするのもいいかも♪

テラス席でゆったりワーク&カフェ「櫻丸珈琲」

カフェタイムにうってつけのお店です。
テラス席もあって、ゆっくりと冷たい珈琲とデザートを召し上がってはいかがでしょうか?

16:15 縁-Enishi-で荷物をピックアップ&お見送り

お見送りをしてくれる吉見さんと2頭の秋田犬
荷物を取りに再び「縁-Enishi-」へ。
このときはタイミング良く、オーナーの吉見さんとすーちゃん、ふじこがお見送りをしてくれました!

お土産を沢山買って荷物も重たいので、駅まで「よぶのる角館」に乗って、楽しちゃいます!

・・・「よぶのる角館」に乗って移動=3=3   縁-Enishi-→角館駅(5分)

角館でのワーケーションもあっという間に終わりが近づきます・・・
また来たいと思える、そんな角館での滞在となりました!

角館でのワーケーションを終えた感想

1泊2日でしたが、ワークにも集中でき、宿泊、自然、グルメ、お土産、と充実した2日間になりました。
さらに、今回移動で利用した「よぶのる角館」は一人での移動に最適です。1回たったの300円と、タクシーの初乗りよりも安い金額で利用できることがとても魅力。特に、角館駅からだいぶ距離がある抱返り渓谷まで300円で行けるのはとってもお得でした!!
夏の角館は、涼しく、避暑地として最高のスポットでした。
-------------------------------------------------------------------------------
いかがでしたでしょうか。
便利な乗合交通「よぶのる角館」を利用して、今回は1泊2日で角館でワーケーションをしてきました!
一人での移動だったので、Webから予約ができて1回300円というお手ごろな料金で利用できる「よぶのる角館」は大変便利です。
是非とも、こちらの行程を参考に「よぶのる角館」で角館ワーケーションしてはいかがでしょうか?

最後に、今回の旅で沢山お世話になった、便利な乗合交通「よぶのる角館」の利用方法をご説明します♪

「よぶのる角館」の利用方法

予約はカンタン!

スマホ(web)または電話(070-7051-6172)からご予約いただけます。
この記事では、webでの予約方法を説明します!

①まずは以下「TOHOKU MaaS 」WEBサイトより必要事項を入力し会員登録(無料)
「TOHOKU MaaS」 WEBサイト  ※スマホからアクセスください
②「便利なサービス」から「よぶのる角館」をタップ
③出発地・到着地・乗車希望時刻・人数を入力し仮予約
④予約内容を確認し、「予約を確定する」をタップ
⇒予約完了!!
※予約完了時に表示される予約番号をお控えいただき、乗車時運転手にお伝えください。
※途中、他のお客さまとの乗り合いが発生することがありますので、乗車時刻や到着時刻が前後する場合があります。
「よぶのる角館」WEBサイト  ※スマホからアクセスください
←角館駅「よぶのる角館」乗降場所 / 新幹線の中で予約しておくとスムーズ♪→

お支払い方法

■電子チケットでのお支払い

①会員登録した「TOHOKU MaaS 」WEBサイトにて「チケット購入」→「よぶのる角館」をタップ
②「チケット購入へ進む」をタップ
③購入数(人数)を選択(最大8人分)
※複数回分のまとめ買いはできませんので、乗車1回ごとにお買い求めください。
④決済方法を選択(クレジットカード・モバイルSuica)
⇒購入確定!!
※乗車時に「チケット使用」ボタンをタップして画面を運転手にお見せください。

■車内でのお支払い

お手持ちのSuicaまたは現金でお支払いください。

■なんと!8月2日からお得な乗り放題券も発売開始!

何度も乗るなら断然お得!こちらは「TOHOKU MaaS」限定商品となります!
今回の旅の行程でも「よぶのる角館2日乗り放題券」を利用すれば400円もお得に!料金を気にせず何度でも乗れるので、少しの移動にも使えちゃいます♪

・よぶのる角館1日乗り放題券    800円(税込)
・よぶのる角館2日乗り放題券    1,400円(税込)
・よぶのる角館24時間乗り放題券   1,100円(税込)

※金額はおとな・子ども同一です。
※詳細は「TOHOKU MaaS」サイトでご確認ください。
※本記事の内容・サービス等は変更している場合があります。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事
関連記事